京都文化に富んだ看板制作

京都といえば、日本文化の華。古きよき日本の文化が根ざす場所として、世界でも注目される都市です。
京都の何がすごいかといえば、景観を保つため、町全体が京都の町を作っていることにあります。
海外の歴史的価値ある建造物が多い町でも、京都のように町の景観に沿った建物や環境つくりを行っているのは、知っている方も多いと思います。
京都はその海外の町のように景観を壊さないため、保全を目的とした町作りが行われてきました。
その保全活動の中には、店舗の看板なども含まれます。大阪の道頓堀や東京の歌舞伎町など、日本を代表する繁華街を見てみると、ネオンが灯った色鮮やかな看板を目にする機会が多いと思います。
いっぽうで京都の看板はどうでしょうか、日本に数万点以上店舗があるといわれるコンビニエンスストアの看板でさえ、京都の景観を意識した看板に変更されています。
ここからわかるのは、京都の看板制作では、古き良き日本の文化や特徴を取り込んだ看板を作ることができるということです。
京都の町を歩くとき、これらの看板から、古いもの、新しいものを見てみると、その違いについて知ることができるのではないでしょうか。

京都で暮らす上でのメリットについて

京都はとても過ごしやすい場所です。理由は、都会でもなく、田舎でもなく、ちょうど良い街並みだからです。みなさん、よく観光でこられますが、観光だけの街ではありません。
食べ物もおいしく、古風な街並みであるため、都会のように超高層びるなどは外観を損ねるという理由からほとんどありません。
また街の色合い、特にコンビニなどの派手な看板も、他の都道府県とは異なっており派手な色を使わないような看板となっております。つまり、色合い、ビルなど京都ならではの街並みとなっており、非常に風情を大切にしており、暮らしていてとても落ち着きます。
心が落ち着く街並みは、あまり日本中探してもないものと思われます。風情を感じながら心が落ち着きつつ、それなりに遊ぶ場所もおしゃれなお店もあるのが京都だと思います。
また、大阪や神戸にも近く、すぐに電車で行けるのも特徴です。都会には住みたくないけど、都会にすぐに遊びに行ける場所を探しているなら、京都は最高の場所だといえます。
そして、社会人だけでなく、大学生も多く、変に気取っていないのも京都の特徴と言えます。大学生も多いことから、おしゃれと古風の両面を兼ね備えた街並みが出来上がっているのだと思います。
そのため、京都の良さを知った大学生が、大学を京都で過ごしそのまま京都に永住する方が多いのも特徴となっております。

京都の街や経済の特徴について

京都は近畿地方に位置していて金閣寺など歴史的建造物があるので歴史がある都市でもあります。小学校や中学校の修学旅行でも歴史的建造物を観光にするために京都を訪れる事も多いです。
京都の中心部は京都駅周辺で京都のシンボルとなっている京都タワーがあります。また駅周辺にはデパートや大型商業施設などが立ち並んでいるので買い物や食事を楽しむ事が出来ます。近畿地方でも代表的な繁華街になっているのでたくさんの人が京都駅周辺を訪れます。
京都駅は複数の路線が乗り入れているので大阪への交通アクセスもすごく良いです。東海道新幹線、JR西日本、近畿日本鉄道など複数の路線を利用する事が出来るので便利です。
京都は南北に長いエリアなので地域によって経済や産業が大きく異なっています。北部は日本海側に面しているので 漁業や水運業が盛んです。旬の魚が水揚げされるので全国に出荷している量も多いです。南部は京都市など観光地になっているので観光業が盛んになっています。また企業の工場も多いので製造業が盛んな地域でもあります。
京都は日本の中でも歴史があるので歴史を詳しくしるためには一度は訪れたい街でもあります。京都の文化は他の地域とはまた異なった部分があるのも特徴です。